原田くみこ
  • Author:原田くみこ
  • (財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
    ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
    エディブルフラワーコーディネーター
    えこっくるハーブクラブ会員
    池坊 皆伝取得
    広山流師範免許取得
    パーティー&ブライダルコーディネーター
    アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
    生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
    各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
    フラワーサロン主宰。
    江東教室、成城教室。
    作品のオーダーはいつでも承ります。
  • RSS
原田くみこのフルール・ ア・ラ・モード
フラワー作品を中心にいろいろな写真も載せます。アートフラワーの 注文もどうぞ! 生協委員会フラワー講師・各種講演会・学校行事のディスプレイ等で活躍。 フラワーサロン主宰。江東教室、成城教室。
プロフィール

原田くみこ

Author:原田くみこ
(財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
エディブルフラワーコーディネーター
えこっくるハーブクラブ会員
池坊 皆伝取得
広山流師範免許取得
パーティー&ブライダルコーディネーター
アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
フラワーサロン主宰。
江東教室、成城教室。
作品のオーダーはいつでも承ります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Micro Ad


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縦に長いプリザーブト
縦に長いプリザーブト

これは、色バランスが好きな作品です。
ひなびたグリーンや、実もののブドウがいい雰囲気を出しました。
少しクラッシックな感じがでました。

スポンサーサイト
リース
かなり、大きい作品が続きましたので、今度は小品集としてみたいと思います。
リースをのぞいては、プリザーブトで仕上げてあります。

これは、とても気に入ってクリスマス用につくったものですが、
年間通しておいて、違和感ないので、ずっと飾ってあります
プリザーブトフラワー


初秋の花たち 2
初秋の花たち 2

027.jpg

025.jpg

034.jpg

037.jpg

秋の花が、あまりにももったいなくて、アップしてしまいました。
次は、私の作品を出します。
私が、花を求めるのは、自然を欲する気持ちからきています。
花文化が発展するのは、自然にみちたところより、ある程度、都会で人が自然を恋しく思うところで進歩する傾向があります。
 花文化が全くないのは、アフリカです。
花束をプレゼントすると、あきれかえり、「何やってんの?」ということになるそうです。おもろいね。









初秋の花たち
連休の間に、秋を味わってきました。
睡蓮をはじめ、さまざまな花の色のなんという美しさよ・・・
自然のカラーはこんなにも色あざやかなのですね。
021.jpg

013.jpg

初秋の花たち

白い花


白薔薇のコサージュ
コサージュです。ステムをリボンで巻きつけた形でつくってみました。
3つつくり、友人に差し上げました。
これは、3つとも微妙にちがうんですよ。
バックのかざりがみんな、違うのです。
実ものであしらえましたが、プラスティックの飾りや、軽めの装飾もいいと思います。
コサージュ

三つのコサージュ


玄関のニッチに
玄関正面の花

このような、壁のくぼみをニッチといいますよね。
縦に長いニッチなので、このようなスリムな花器がぴったしでした。

今回、プロフィール、ブログの説明を新たに書きましたので、初めの部分もご覧ください。
教室の問い合わせ、注文は、コメントより「ブログ管理者のみ閲覧できる」で、ご連絡ください。





壺にいけた花
これは、りっぱな壺にいけられました。
花器というものも、重要なアイテムであり、お花を生ける際に生死を左右するものであります。
渋めの花器の色調に華やかかつ、白を基調としたユリで品よくまとめたつもりです。
 
 この1週間、ほぼ毎日、なんらかの展覧会に行っていました。
印象的だったのは、白金台にある庭園美術館です。バレエを中心とする、舞台芸術のディアギレフの展覧会でした。
ロシアの芸術というのは、オリエンタルな影響をうけているのですね。
エジプトやトルコの香りがいたします。
 そして、アールデコの建築である美術館じたいが魅力的です。
玄関のルネ・ラリックのガラスの装飾はすてきですね。
壺にいけた花


ブライダルのブーケ
これは、ブライダル用のお嫁さんが持つブーケです。
最近は、結婚の高齢化により、花も質素なもの、ドレスもふんわりしたものより、マーメイドラインなどの大人っぽいものがこのまれるとか。
色も白ではなくピンクや薄紫などの個性的なものが多いそう。
IMGP2634.jpg


愛鳥ティンク
家をリフォームしたときに、ピクチャーレールをリビングの壁につけすぎ、あまり気にいらなかったので、そのうえに4Mほど、花の飾りをつけました。
 その後、鳥を飼いだしたのですが、本物のお花と思うのか、一生懸命、むしっております。
 まだ、子供の鳥ですが、水色の羽なので、ピンクの花とのコントラストがなかなかGOODで、近づいて見てみるとよいものです。
 花鳥風月かと思ってしまうのであります。
愛鳥ティンク


プリザーブトフラワー
これは、今 、流行のプリザーブトフラワーで作ったものです。
プリザーブトだと、青や紫のバラなど各種の色を出すことができます。
そのかわり、花の種類は少なく、バラ、カーネーション、あじさい、など限られます。葉っぱはいろいろな種類があるようです。
この作品は、薄紫のバラ、モスグリーンのバラ、深い紫のあじさいが、使ってあります。あと、水色のリボン、小さいまつぼっくりで飾ってあります。
プリザーブトは、もちが3年~5年とながいので、贈り物に喜ばれるようです。
アートフラワーのように何年でももつというわけでは、ありませんが・・・。
プリザーブトフラワー紫




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。