原田くみこ
  • Author:原田くみこ
  • (財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
    ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
    エディブルフラワーコーディネーター
    えこっくるハーブクラブ会員
    池坊 皆伝取得
    広山流師範免許取得
    パーティー&ブライダルコーディネーター
    アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
    生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
    各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
    フラワーサロン主宰。
    江東教室、成城教室。
    作品のオーダーはいつでも承ります。
  • RSS
原田くみこのフルール・ ア・ラ・モード
フラワー作品を中心にいろいろな写真も載せます。アートフラワーの 注文もどうぞ! 生協委員会フラワー講師・各種講演会・学校行事のディスプレイ等で活躍。 フラワーサロン主宰。江東教室、成城教室。
プロフィール

原田くみこ

Author:原田くみこ
(財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
エディブルフラワーコーディネーター
えこっくるハーブクラブ会員
池坊 皆伝取得
広山流師範免許取得
パーティー&ブライダルコーディネーター
アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
フラワーサロン主宰。
江東教室、成城教室。
作品のオーダーはいつでも承ります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Micro Ad


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


パフュームドーム
パフューム1

香り付きドライフラワーです。

材料を開けたとたんに、華やいだ香りが。

とても、いろんな種類の花材です。

    オオミフクラギの果実、
    へちま
    パラゴムの果皮
    マホガニーの果実
    ギンネムの果皮
    ギンネムのハンドメイドフラワー
    ココヤシの果実
    チカランバの果皮
    ピンポンの木の果皮
    ラタン
    バナナの樹皮
    バイタラヨウの葉
南国ムード満点でしょう?

パフューム2


サイドは太めの茶色のリボンで、グッとひきしめました。

夏は生花がいたみやすいので、当分、これで、楽しめそうです。(●^o^●)



スポンサーサイト
サムシングブルーブーケ
ブルー1

サムシングブルー。
これは、花嫁さんが何か 持ち物のなかにブルーのものを持つと、幸せになれるという言い伝えよりきています。

ほかに、サムシングオールド(何か古いもの)、サムシングボロー(何か借りたもの)、サムシングニュー(何か新しいもの)を、花嫁さんがもつと幸福になるといわれています。

ブルー2

この時期、生の花は非常に傷みが早いですが、さっぱりとしたブルーと白だと、見ているだけで涼やかな気分になれます。

ブルー3

ジャンプくんも かぐわしい香りに、寄ってきました。
お花が大好きなネコなのでこれからも、ジャンプくんのためにも、がんばろう!
屋久島  
飛行機2

鹿児島より、屋久島行きの飛行機。
ちょっと、感動!
バスより小さな飛行機だ。

白谷1

憧れの白谷雲水峡は、鬱蒼とした森の中。
苔むした、その世界は、木霊が出てきそうだ。

白谷2

うわ、やっぱり、森の妖精が・・。

白谷3

とても、険しい登山だ。
すごい湿気の中、ゴアテックスを着ているため、蒸すとか、蒸さないとかのレベルではない。
体調をくずさなければいいが。

白谷4

大きな杉が二股に分かれ、座っているのは、私。
ああ、1000年に満たない杉は小杉といって、赤ちゃん扱いなのだ。

しら茶に5

翌日、こんな怖いところはないと思った。
つかまるところはない、釣りはし。
落っこちたら、さようなら~。

吊り橋1

したを見ると、めまいがして、恐怖のあまり、ふらふらしそうだ。
っていうか、ふらふらしている。

それにしても、こんな状況で、写真を撮っている私。

白谷6

島全体が花崗岩でできているので、そこにできる杉の木というのは、苔を栄養として、成長するのだ。
しかし、土に比べて、栄養はない。
いきおい、成長は遅くなる。
ただ、ひたすら、恵まれた雨でゆっくりと育つ。
それで、年輪の幅が狭くなるのだ。
だから、油分に満ちた、上質な杉となるそうだ。

さる1

あ、おさるさんだ。
なんども、野生のサルとしかにあった。

さる2

こちらは、さるのファミリーかしら。

杉1

立派な杉にいくつも出会うが、やはり、花崗岩の上のようだ。

さすがにここらへんで、写真を撮る余裕はなくなってきた。

紀元杉2

翌日、紀元杉を見る。
樹齢3000年だ。
人間が7人手をつなげば、幹の太さになる。

これが、縄文杉となると、13人となるから、驚きだ。

鹿頭

屋久鹿に何度もあった。
これは、とくにおりこうな、屋久鹿ちゃん。

鹿全体1

屋久鹿はいい人の前では、おとなしいのです。(笑)

鹿(*^_^*)

瞳がきれいな鹿でした。

せんぴろの滝

千尋(せんぴろ)の滝です。
傾斜のある岩がのっぺりとしているので、とても印象的でした。

100選

大川の滝は日本の滝100選に選ばれている。

とても、立派な滝だ。

おおこの滝

この大川(おおこ)の滝は、水流がおおかったので、二股に分かれていました。
こいうことは、珍しいそうです。

なかなか壮大でしたよ。

夜には、うみがめの産卵もみることができ、とても、充実した3日間でした。

自然の宝庫、屋久島。
いつまでも、その姿を保ってほしいものです。(*^_^*)

















フォーマルリニアール
リニアール1

中心のかたまり部分と、黄色の線のラインを強調させました。
グリーンのとくさで、幾何学的なカクカクとした、線も表現しています。

リニアール2

線の強調が面白く仕上がれば、表現としての面白さが出てくるとおもいます。

あと、花はグルーピングも意識し、まとまり感を出しました。
ゆり、ばらで、豪華さがでますし、黄色のオンシジームがきいていますので、めりはりよく仕上がりました。