原田くみこ
  • Author:原田くみこ
  • (財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
    ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
    エディブルフラワーコーディネーター
    えこっくるハーブクラブ会員
    池坊 皆伝取得
    広山流師範免許取得
    パーティー&ブライダルコーディネーター
    アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
    生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
    各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
    フラワーサロン主宰。
    江東教室、成城教室。
    作品のオーダーはいつでも承ります。
  • RSS
原田くみこのフルール・ ア・ラ・モード
フラワー作品を中心にいろいろな写真も載せます。アートフラワーの 注文もどうぞ! 生協委員会フラワー講師・各種講演会・学校行事のディスプレイ等で活躍。 フラワーサロン主宰。江東教室、成城教室。
プロフィール

原田くみこ

Author:原田くみこ
(財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
エディブルフラワーコーディネーター
えこっくるハーブクラブ会員
池坊 皆伝取得
広山流師範免許取得
パーティー&ブライダルコーディネーター
アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
フラワーサロン主宰。
江東教室、成城教室。
作品のオーダーはいつでも承ります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Micro Ad


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


東京スカイツリー
スカイ3

今回はスカイツリーを真下で~と思いアップしました。

前から見たいと言っていた妹夫婦と両親を連れて、いざ押上まで。
やっぱり、距離が近いというのは、すごいですよ。
頭上、ガンガンです。

スカイ2

634(ムサシ)mには、届いていますが、まだ、内部工事や周辺商業施設の工事が来春まで続きます。

花スカイ1

うちの近所の大きな公園では、花見のときは、スカイツリーをバックにこんな、混雑状態でした。
でも、花見というのは、にぎやかなのが、楽しいのかもしれませんね!
スポンサーサイト
ハーブを勉強します。
桜1

今年度、私はハーブの勉強をすることに決めました。
今までやってきた、総合的なお花の技術に加え、また、新たな植物の知識の習得です。

最近、エコや自然回帰の発想に加え、有用植物ハーブの存在はますます注目されるところとなっています。

カリスハーブスクールでの、復習を兼ねた、皆さまへのご提案を書き綴っていきたいと思っております。

ここ、カリス成城のある地は、私が育った場所、そして、いまも、両親がすんでいる場所です。
ゆかりのある地での、勉強、楽しみです。

まず、ハーブと何でしょう?

① 古代オリエント文明圏(地中海地方)を発祥の地とするもの=ハーブ。
  熱帯アジアを原産とするもの=スパイス。

② フレッシュの状態で使用するもの=ハーブ。
  ドライで使用するもの=スパイス。

③ 花、葉、茎、草本類を使用する。=ハーブ。
  種子、果実、樹皮、根などを使用=スパイス。

そして、端的に言いますと、薬効がある。
             香りがある。
             人の役に立つ植物である。

ということが、ハーブの本質です。

聖書による良い植物の定義。

”その葉は薬となり、実は、食用となる。”

飲用、食用、美容に用いられる、役にたつ植物のことです。

西洋漢方=ハーブ=予防医学
東洋医学=薬草=治療医学

アロマテラピー=芳香療法
タラソテラピー=海草療法
ホーティカルチャラルセラピー=園芸療法

成城の桜2

この日、私たちは、目の疲れに効くシップ剤と、うがい薬を作りました。

目の疲れに効くシップの作り方

1、アイブライトという、ハーブを小さじ山盛り1杯をお茶袋に入れる。
2、お湯、100CCを加える。
3、充分に抽出して、カット綿10枚を浸す。
4、液をすったカット綿を両目にのせて、リラックスタイム。
   これで、できあがり。
   冷蔵庫で10日位、もちます。
   本当に、目がすっきりして、気持ちいいですよ。


うがい薬の作り方

これは、エッセンシャルオイルを使います。

1、ペパーミント2cc+レモンエッセンシャル1ccを、蓋つき小さなビンに入れる。
2、500ccペットボトルの水に1滴入れる。

これで、充分に薬効と香りのある、うがい薬が作れます。
エッセンシャルオイルは、1ccで、20滴ぶんですから、これで、60滴分、つまり、500ccペットボトル、
60本分のうがい薬ができます。

今回、すばらしいハーブの世界が垣間見れました。
薬効と香り、これからも、楽しめそうです。(*^。^*)

写真は成城のまちの桜です。
ここは、桜の名所ですよ!