原田くみこ
  • Author:原田くみこ
  • (財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
    ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
    エディブルフラワーコーディネーター
    えこっくるハーブクラブ会員
    池坊 皆伝取得
    広山流師範免許取得
    パーティー&ブライダルコーディネーター
    アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
    生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
    各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
    フラワーサロン主宰。
    江東教室、成城教室。
    作品のオーダーはいつでも承ります。
  • RSS
原田くみこのフルール・ ア・ラ・モード
フラワー作品を中心にいろいろな写真も載せます。アートフラワーの 注文もどうぞ! 生協委員会フラワー講師・各種講演会・学校行事のディスプレイ等で活躍。 フラワーサロン主宰。江東教室、成城教室。
プロフィール

原田くみこ

Author:原田くみこ
(財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
エディブルフラワーコーディネーター
えこっくるハーブクラブ会員
池坊 皆伝取得
広山流師範免許取得
パーティー&ブライダルコーディネーター
アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
フラワーサロン主宰。
江東教室、成城教室。
作品のオーダーはいつでも承ります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Micro Ad


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


夏野菜&エディブルフラワー
エディブルフラワー2

今回はエディブルフラワーといって食べられるお花の登場です。

エディブルフラワーは、真ん中のイベリスという花です。

一番右より、ハーブで、ローズマリーです。
お肉料理によく、使われます。

右から2番目は、ミニトマト。

1番左はナス。

左から2番目の隠れているのは、パセリです。

エディブルフラワー1

これらは、食べられるように全くの無農薬で作られています。
ヴェルディナイトという、固形の土を一部、使っています。
水でふやかせて使うのです。

保水性10倍、保肥性50倍の土で、少ない水やりで すむわけです。
化学物質を使用していないので、エディブルフラワーや有機野菜の栽培に適しています。

エディブルフラワー3

イベリスは真っ白でとても きれい!
食べちゃうのがもったいないです。

ジャンプくんに食べられてしまうかな?

それから、このプランターは、コーヒー豆で、できているんです。
ほんのり、コーヒーのかおりがしますよ。

まさに、エコのバイオプラスティックです。






スポンサーサイト
被災地でのボランティア
1shougakkou

7月9、10日と石巻に親戚慰問とボランティア、被災地視察に行ってきました。

2日目は、小学校での読み聞かせのボランティアをしました。
1番犠牲になってるかもしれない子供たちに、ひとときでも楽しい物語の時間を楽しんでもらいたいと思って。

1図書館1

小学校の避難所には大人も子どももいるので、選書は大人にもこどもにも いいものをと考えました。
モーリスセンダックや、田島征三など、今をときめく名昨絵本を14,5冊持参し、指人形も新幹線の中で猛特訓でしたね。

ホワイトさんとブラックさんという指人形や、牛乳パック作った「あしあとなんでしょう?」は、図書室の先生やみなさんに、大受けでした。

1koutei borannthia

今回は2日とも、35,6度あったようなとても暑い日でした。


しかし、「絵本の読み聞かせ」 で、心の洗濯、リラックスタイムを避難所のみなさんに提供でき、私も幸せでした。
Shine Cylinder
シリンだー1

円柱状ポットのなかに砂を入れ、空間をいかした2層のデザインです。

色がアースカラーで、落ち着いているので、ホっとする感じがします。
緑の葉が奔放にあそんでいるのが楽しいです。
解放感を感じます。

シリンダー2

上から見ると、ベージュのフラワーが、室内に無理なく溶け込みます。

微妙な高さの違いで変化をつけて。


フォーマル リニアール
リニアール

これは、線と面、動と静を強調した作品です。

しっかりと線を出して、面となる塊と対比させます。

このような動きのあるアレンジは、変化に富んで、楽しいものです。

和風のいけばなも、このように、空間の美しさを大事にしますので、日本人にはしっくりくる生け方ですね。