原田くみこ
  • Author:原田くみこ
  • (財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
    ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
    エディブルフラワーコーディネーター
    えこっくるハーブクラブ会員
    池坊 皆伝取得
    広山流師範免許取得
    パーティー&ブライダルコーディネーター
    アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
    生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
    各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
    フラワーサロン主宰。
    江東教室、成城教室。
    作品のオーダーはいつでも承ります。
  • RSS
原田くみこのフルール・ ア・ラ・モード
フラワー作品を中心にいろいろな写真も載せます。アートフラワーの 注文もどうぞ! 生協委員会フラワー講師・各種講演会・学校行事のディスプレイ等で活躍。 フラワーサロン主宰。江東教室、成城教室。
プロフィール

原田くみこ

Author:原田くみこ
(財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
エディブルフラワーコーディネーター
えこっくるハーブクラブ会員
池坊 皆伝取得
広山流師範免許取得
パーティー&ブライダルコーディネーター
アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
フラワーサロン主宰。
江東教室、成城教室。
作品のオーダーはいつでも承ります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Micro Ad


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ホガース 2
スリーポイント1

生花の薔薇のコサージュを作りました。
ジャンプくんが すかさずやってきて、食べたくなってしまったんです。
バラは好物ですからね。


スリーポイント2

お花の検定試験を受けるため、練習しています。
アレンジメントは基本形が出るので、ホガースの形が続きますが、しばらくのごしんぼうを。
花の種類、色は違いますよ。





スポンサーサイト
どの写真がすきですか?
コサージュ1

これはメリアといってプリザーブトフラワーのバラのはなびらを1枚1枚とり、ゼブラ柄の布もバラの花びらの形に切り取り、交互に貼り付けたものです。

コサージュ2

ちょっとバックなどにもつけると おしゃれなタイプのコサージュです。

2月6

紫系のアートフラワーのコサージュ。
どんな服にも合います。
本日、生協のフラワー講習会で完売となりました。

コサ0ジュ1

生協講習会用コサージュです。

コサージュ3

シックなイメージで写真を撮ってみました。

2月5

スイーツもバック光だとやさしげに撮れました。

2月7

食器を光が差し込んだ中で幻想的に撮ってみました。

2月1

「ひなまつり」のイメージです。
明るく、明るく。

2月2

おひなさまを赤のバックで写しました。

2月3

お裁縫道具を解放で撮ってみました。
新しい感覚です。




ホガース
ホガース1

ホガースという形の生け方です。
s字曲も線なめらかなデザインです。
上から見ると半円形状になるのが正しいんです。
なかなか難しい基本形です。

ホガース2

バラは生き生きと美しいです。
エネルギーをもらえます。

キャッチ1

ジャンプくんは獲物をねらってますね。
野生の目つきに代わる一瞬です。

ハーブの歴史
ハンガリーウオーター1

   植物は人がいなくとも、育つが
   人は植物がないと生きていけない

旧石器時代、300万年前から200万年前
イラク北部シャニダール洞窟では、すでに献花と薬草の使用あとが見られます。

聖書には、「その果実は食用となり 薬は薬用となる」(旧役エゼキエル書 47章12節)

中国の神農について「百草の滋味を嘗め、1日に七十毒にあう。」と伝えられています。
ちょっと、笑ってしまいますが、苦労と実験の繰り返しで体験的に有用な植物が見いだされたのですね。

BC600年ごろは医学を学ぶならコス島へ行け と言われたそうです。
BC460年生まれのヒッポクラテスは、自然療法を重視し、多くの薬草を治療に使い、のちに”医学の父”と言われました。

1445年発明の活版印刷は、学問の復興を急速に推し進め、ハーブに関する本草書も、H.トラクス、W.ターナー、
J.ジェラードらによって、次々と出版されました。

19cになると、科学や生化学が徐々に発展します。
長井長義は、マオウからエフェドリンを分解します。
かつて、植物本体をそのまま利用していたものから化学物質を単離して、利用する方向へと進んでいきます。

100年足らずの間に化学物質の単離合成は進みました。
今や、それに対する反省もおこり、自然回帰の運動がおこり、ハーブも見直されてきました。
地球にも植物にもやさしいということが、最後には人にも優しいというところへもどるのですね。


     *手作りハンガリーウオーター

ハンガリーウオーターは、世界最古の香水と言われています。
14cに、ハンガリーノ僧院で作られました。
リウマチに悩む72歳のハンガリー老王妃エリザベートに献上され、洗顔、化粧、入浴にこのウオーターをたっぷり使い、
持病をなおし、若返りました。
美しさのよみがえった王妃はポーランド国王に求婚されたそうです。
   
  ① エタノール(アルコール)    20ml
  ② フラワーウオーター(オレンジ) 4ml
  ③ アロマオイル
       ローズマリー  5滴
       ペパーミント  3滴
       バラ      1滴
       レモン     2滴
   材料を①②③の順に入れ、混合する。

柔らかいフラワーテイストのウオーターの出来上がりです。