原田くみこ
  • Author:原田くみこ
  • (財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
    ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
    エディブルフラワーコーディネーター
    えこっくるハーブクラブ会員
    池坊 皆伝取得
    広山流師範免許取得
    パーティー&ブライダルコーディネーター
    アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
    生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
    各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
    フラワーサロン主宰。
    江東教室、成城教室。
    作品のオーダーはいつでも承ります。
  • RSS
原田くみこのフルール・ ア・ラ・モード
フラワー作品を中心にいろいろな写真も載せます。アートフラワーの 注文もどうぞ! 生協委員会フラワー講師・各種講演会・学校行事のディスプレイ等で活躍。 フラワーサロン主宰。江東教室、成城教室。
プロフィール

原田くみこ

Author:原田くみこ
(財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
エディブルフラワーコーディネーター
えこっくるハーブクラブ会員
池坊 皆伝取得
広山流師範免許取得
パーティー&ブライダルコーディネーター
アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
フラワーサロン主宰。
江東教室、成城教室。
作品のオーダーはいつでも承ります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Micro Ad


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


コンテンポラリー
コン2

これはコンテンポラリーというちょっと斬新な形です。
下半分が45度位、角度をつけて曲がっています。
かつ、まえから見たお花の部分は平面でなければいけないという基本形の型なのです。
今回はカンパニュラを使ってみました。

コン4

翌日、ジャンプくんが遊びに来ましたよ。
カンパニュラは風鈴草とも呼ばれ、いかにも初夏らしい風情です。

コン1

前回の写真にも のせたのですが、和風のプリザーブトです。
苔むす枯山水の中に小川が流れています。
小石は小川(のつもり)です。(*_*;




スポンサーサイト
どの写真が好きですか?
コミカレ1

もう、何回目になるでしょうか。
「どの写真が好きですか?」シリーズです。

35mm短焦点レンズによる撮影です。

コミカレ2

こちらは、生花です。
あじさいがきれいですね。

コミカレ3

プリですが、もう少しアンダーのほうがよかったかも。

コミカレ4

グラスリッツェンです。
いつ見ても、精巧でうっとりです。

コミカレ5

少し、明るい画面にチャレンジです。
カメラ女子の中では、特に明るい画像が人気とか。

コミカレ6

ドーム兄弟の作品だそうです。
アールヌーボーのころでしょうか。
植物模様ですね。

コミカレ7

同じ作品でも、バックが違うとずいぶん違うものです。

コミカレ8

今日のランチの画像です。
あ~、おいしかった。

コミカレ9

クリスピードーナッツがやっと買えました。
綿みたいに柔らかくて おいしいです。


ボールブーケ
ボールブーケ2

この素材は時間がたつと、ドライフラワーになりますので生とドライの2通り、楽しむ事ができます。
以前、妹の結婚式でちょうど、このようなボールブーケをプリザーブトで作りました。
ボールブーケは和装に合うのです。
とても、華やかに仕上がりました。
妹に喜んでもらったのを覚えています。
着付けの方に「ほんとうにお姉さんが作ったの~?」
と聞かれたのだとか。


ボールブーケ1

興味しんしんで、ジャンプくんがやってきました。
大好きなバラがあるから食べられちゃうかな・・。


初夏の軽井沢
ピクチャレスクガーデン

5月最後の日曜日、児童文学の仲間たちと それはすてきな旅に行ってまいりました。
私が今回プロデュースしました軽井沢の1日です。

これはポール・スミザーという英国人ガーデンデザイナーが作った「絵本の森美術館」のなかの
ピクチャレスクガーデンです。
新緑が目に鮮やかでした。

西洋で生まれ、300年以上の歴史がある絵本文化。
ここでは初版本から原画、個展絵本などを5000点ほど展示してあります。
外国絵本の第一人者であられる立教大学名誉教授の吉田先生の文庫もここにあります。
ひらいたかこさんの原画展も開催されていました。

絵本1

先日、亡くなられた欧米児童文学界の巨匠、モーリス・センダックを悼み、センダックブースが設けられていました。
「まどのそとのそのまたむこう」「かいじゅうたちのいるところ」「まよなかのだいどころ」
がセンダックの主要3部作と言われています。

絵本3

次は、場所を「「軽井沢タリアセン」に移します。
中に入ると、驚くほどの素敵な景色が・・。
水面に映る湖は言いようのないほどの美しさでした。



絵本5

さて、ここには、朝吹登水子さんの別荘があります。
昭和六年にウイリアムズ・ヴォーリスによって建てられたもの。
「睡鳩荘」といいます。
ヴォーリズはとても大好きな建築家です。
神戸女学院、活水女子大学や同志社大学ヴォーリズ社によるものです。

このなかでは、「花の画家 ウドウーテ展」がやっていました。
以前、渋谷のBUNNKAMURAでたっぷりと見ました。

絵本6

ランチはここです。
旧軽井沢郵便局ですが、1階はレストラン、2階は深沢紅子さんの「野の花美術館」となっています。

児童書の画家で有名な深沢省三さんがだんなさまです。
「没後20年深沢省三 三陸海岸スケッチ展」も見てきました。

フランク・ロイド・ライトのデザインしたピアノもあり、斬新なデザインでした。
今も目にやきついています。

ランチはたっぷりと、「旬菜パスタ」をいただきました。

絵本4

あら、これは、エマニエル夫人のいすかしら?

絵本7

ここでは、おなじみの「ペイネ愛の世界旅行」のペイネ美術館です。
あいかわらず「愛」が満ちていますね!

この建物はアントニン・レーモンドの「夏の家」です。
以前も来ていましたが、アントニン・レーモンドの建築だったとは、今回初めて知りました。

絵本10

「薔薇園」のほうは、まだ時期が早く、バラは咲いていませんでした。
そのかわり、こんなかわいいオブジェがありましたよ。

絵本2

このあと、「軽井沢文学館」に行き、「生誕120年軽井沢と芥川龍之介展」を見ました。
野上弥生子の書斎や堀辰夫の山荘も移築されておりました。

最後に、この有島武郎の別荘「淨月庵」にてお茶をしました。
「ひと房の葡萄」というカフェになっているんです。

テラス席でご機嫌でした。

絵本9

帰りは「あさま538号」にて帰途につきました。
日帰りだけど、とっても充実した旅となりました。

お天気に恵まれ最高でした。(*^。^*)