原田くみこ
  • Author:原田くみこ
  • (財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
    ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
    エディブルフラワーコーディネーター
    えこっくるハーブクラブ会員
    池坊 皆伝取得
    広山流師範免許取得
    パーティー&ブライダルコーディネーター
    アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
    生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
    各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
    フラワーサロン主宰。
    江東教室、成城教室。
    作品のオーダーはいつでも承ります。
  • RSS
原田くみこのフルール・ ア・ラ・モード
フラワー作品を中心にいろいろな写真も載せます。アートフラワーの 注文もどうぞ! 生協委員会フラワー講師・各種講演会・学校行事のディスプレイ等で活躍。 フラワーサロン主宰。江東教室、成城教室。
プロフィール

原田くみこ

Author:原田くみこ
(財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
エディブルフラワーコーディネーター
えこっくるハーブクラブ会員
池坊 皆伝取得
広山流師範免許取得
パーティー&ブライダルコーディネーター
アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
フラワーサロン主宰。
江東教室、成城教室。
作品のオーダーはいつでも承ります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Micro Ad


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


竹之御所流「精進料理」
sannkouinn

本日は、竹之御所流「三光院」へ精進料理を食べに行ってきました。

この精進料理は、中国のお坊さんから伝来した「普茶料理」とは違い、器に陶器を用います。
普茶料理は赤い漆の器ですね。

日本のお坊さんが始めましたので、伝来の茶の湯、懐石料理の源となるものです。


650年の歴史を持ち、尼さんたちが作り続けた、日本料理の源流ともいえるものです。

武蔵小金井にある「三光院」の裏で料理がいただけます。

三光院裏

食べる場所は質素に このような場所です。

著書

西井 郁先生のご著書です。

最中

まずはじめに、甘い最中を いただきました。
大徳寺納豆のあんだそうです。

抹茶

とても、おいしいお抹茶でした。

に占め



1度にくるお料理ではなく、1品づつくる精進料理でした。

はじめは、最中がきて、お抹茶でした。
次にお煮しめ。
大和イモを丁寧にすって、真ん中にわさび、それをノリ巻きにしたもの、
大豆から作った高野豆腐、ごぼうのごまあえ、かぼちゃと続きました。

冷酒

お酒は、京都の冷酒、飲みやすかったです。


ごま豆腐



続いて、葛入りのごま豆腐、胡麻と水、葛だけから作ったごま豆腐は、精進料理の代表格だとか。


やまいも

さといものあんかけは、すごく大きな里いも、しょうがのあんかけが きいていました。

なす

なすの白みそつき素揚げは、お茶の花とともに出されました。
寺では、茄子のおでん と女房言葉でいうそうです。
ナスは、瑠璃色であり、切った姿が琵琶に似ているため、平家物語に出てくる、2つの名器のひとつ、「こがらし」と三光院では言っているそうです。

吸い物

こぶ茶は、ひとくち吸い物、星型のなすのへたを用い、すべて生かしきるという発想です。

粟ふ



粟の生麩は山椒味噌あえ。
大豆タンパク質によるタンパク質摂取です。

ご飯



最後は、だいずが入ったご飯です。

お料理を担当しているのは、西井郁先生で、16歳の時から30年間フランスで料理修業をされた方です。
その後、精進料理うつり、20年間この道だそうです。

本格的な精進料理を食べたのは、初めてのような気がします。
かかったじかんは2時間ほど。

ゆっくりといただいたせいか、おなかは いっぱいになりました。
おいしく、いただけました。(^O^)



スポンサーサイト
中世の街  ~チェスキー・クルムロフ 
青空

抜けるような青空に見えるのは、チェスキー・クルムロフ城です。
世界で最も美しい街として詠われたチェスキー・クルムロフ。
その輝きは、今も中世の香りを放ち、私たちを魅了します。

クルムロフ城

街がモルダウの流れとともに生きている 
そんな感じの町でした。

城窓

お城の窓から眺める景色です。

だまし絵

13世紀にヴィートコフ家の居城として建てられた城は、しかけ絵や、だまし絵がたくさん。
城内部にも、いたずらな しかけ絵が、ダンスホールにありました。

レストラン

たちよったレストランです。

市場

街中は活気があります。

ビクター

音楽喫茶のディスプレイ。

看板

ヨーロッパはこういう看板が多いですね。

中欧の古都めぐり ~チェコ・プラハへ
ヴィート教会

やっと、かなった中欧の旅です。

中でも行きたかったのがプラハの街。
ここは、絵本や児童文学、人形劇などの子ども文化が育ったところです。

聖ヴィート教会です。
ネオ・ゴチック様式が素晴らしい。

ミュシャステンド

ミュシャのステンドグラスは 見たかったところの一つ。
やはり、他のステンドグラスとは違います。

IMG_5343.jpg

ヨーロッパの教会というのは、素晴らしいですね。

カフカ

プラハ城のなかに、「黄金の小路」というのがあるのですが、そこの22番の家は、カフカの仕事場だったのです。

モルダウ

最高の晴天で、青空に映えるモルダウ川の流れです。

オルガン

カレル橋には、たくさんの大道芸人や、ミュージッシャン、絵描きさんが絵を売っています。
素晴らしい絵や音楽の調べでした。

30聖人

カレル橋の両サイドには30の聖人たちが立っています。

黒い

私が行きたかった、「黒い聖母の家」。
キュビズム建築の第1号です。
チェコにだけ見られます。

の家

多面立法体の不思議なリズムが光ります。
このらせん階段は、すばらしい。

聖母

手すりの金属部部分にも、キュビズムを感じます。

このあと、「ミュシャ美術館」にいきました。
ブラブラ散歩です。

プラハ市街

プラハ市街を見下ろしました。
オレンジの屋根が欧州らしいです。



出国前のスクエアと帰国後のホリゾンタルホガース
10月スクエア

もうこれ以上、写真をほうっておくと、何が何だかわからなくなるので、まとめました。
これは10月1日に作成した、スクエアの作品です。


10月ホリゾンタルホガース1

帰国して、10月15日に作った、ホリゾンタルホガースです。
まだ、体も頭もぼけていました。


10月ホリゾンタルホガース

静かに思索するジャンプ君です。

中欧の旅日記は、もうじき 載せますね。
気長にお待ちください。


小学校でのいけばな練習
小学校b2

例年に習い、今年も小学校での「生け花体験」を行います。
伝統文化体験ですね。

素晴らしい試みですね。

ジャンプくんは、白いりんどうがお気に入りです。(笑)

小学校b3

今回は、その練習です。
お花屋さんで、人数分のお花を注文してきました。

和のいけばなも、いいものです。


2013.10月22日のアーチ
10月アーチ1


ごぶさたしました。
海外に行ったうえ、フラワー試験の日も近づきましたので、アップは控えていました。

アーチの練習としては、最終になりますね。

10月1-チ2

美しいバラに焦点を合わせ、後ろボケがうまく、撮影できました。


10月アーチ3

ハロウイーンの作品を作られた方たちと ごいっしょに。