原田くみこ
  • Author:原田くみこ
  • (財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
    ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
    エディブルフラワーコーディネーター
    えこっくるハーブクラブ会員
    池坊 皆伝取得
    広山流師範免許取得
    パーティー&ブライダルコーディネーター
    アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
    生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
    各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
    フラワーサロン主宰。
    江東教室、成城教室。
    作品のオーダーはいつでも承ります。
  • RSS
原田くみこのフルール・ ア・ラ・モード
フラワー作品を中心にいろいろな写真も載せます。アートフラワーの 注文もどうぞ! 生協委員会フラワー講師・各種講演会・学校行事のディスプレイ等で活躍。 フラワーサロン主宰。江東教室、成城教室。
プロフィール

原田くみこ

Author:原田くみこ
(財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
エディブルフラワーコーディネーター
えこっくるハーブクラブ会員
池坊 皆伝取得
広山流師範免許取得
パーティー&ブライダルコーディネーター
アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
フラワーサロン主宰。
江東教室、成城教室。
作品のオーダーはいつでも承ります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Micro Ad


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花かご
カゴ1

楚々とした草花のような花たち。
秋の訪れを予感させます。

丸いかごを使い、花留めとして用い 細い茎の花も 余裕で活けることができました。


花材:マリーゴールド、姫ひまわり、ルドベキア(黄色)、セロシア(バラ色)、おみなえし、スモークグラス



スポンサーサイト
ケーキデコラティエ
ケーキ1

長四角のケーキ型フォームにあしらったお花の数々。
茶色だから実物は、ほんとのケーキみたいですよ。

プリザーブトではなく、生花です。
いちごやオブジェも色々載せて、楽しみました。

ケーキ2

やはり、お花の王者は、バラですね。

花材:スプレーバラ、スプレーピペリカム、セダム、シンフォリカルボス、ニュウサイ蘭、ワイヤープランツ
だいすきなテレビ
じゃんぷ1

たまに時間があると、この番組を見ようかなと思います。
すかさず、ジャンプくんがやってきて特等席に座ります。

ジャンプ2

あくびも出ます。

じゃんぷ3

友達になりたいなあ。


ふきのとう交流会
ふき1

以前、所属していた生協委員会の夏休み親子企画で、「ふきのとう交流会」へ行ってきました。
「ふきのとう」というのは、茨城県にある食と農のテーマパークです。

ふき2

常磐自動車道から土浦北を出て、霞ヶ浦を横断し、行方市まで貸切バスで行きました。
写真は、霞ヶ浦に入ったところです。

ふき3

ついたら、さっそく農作物収穫です。
ナスが色あざやかに、てかてかとなっていました。

ふき4

水も滴る新鮮なナスです。

ふき5

この日は、大変暑い日で(7月31日)猛暑日のまっただなかでした。
35度越えですね。

ふき6

昼食はクーラーなしのこの部屋で、バイキングをおいしくいただきました.

ふき7

収穫したナスで、煮びたしを作りました。
おいしかったですよ。


安野光雅 ヨーロッパ周遊旅行 旅の風景展
annno 1

損保ジャパン日本興亜美術館に「安野光雅 ヨーロッパ周遊旅行」 旅の風景展を見に行ってきました。
西新宿のド真ん中、東京モード学園がある このすごいビルの近くでした。

安野2

青空の夏の1日といった感じの日でした。
安野さんの作品が、特に海外でのスケッチ中心に、これでもかこれでもかといった風にたくさんありました。
何回も海外でスケッチされているようですが、やはり原点は、子ども時代の津和野の自然に遊んだということが大きな作品の基調となっているようです。

案ん御3

そして何といっても、1枚1枚の絵に対する思いが書かれた説明の文章が緻密で素晴らしく、心に残りました。
文章と絵が同じ比重で印象に残る、そんな展覧会でした。



東洋文庫
東洋1

チケットが手に入り、東洋文庫という博物館に行ってきました。
千石、駒込方面の雰囲気が良く、東洋文庫もすてきなところでした。

東洋2

中でも圧巻がこの「モリソン文庫」で、岩崎久彌氏が1917年にG.E.モリソンからこの蔵書を購入したそうです。

東洋3

そして、1924年に(財)東洋文庫が設立されました。
岩崎久彌氏は、1889年に史学会が設立された頃、和図書の収集を始めたようです。

っ東洋4

今回の企画展は、5年前の建て替えの時に見つかった「ブラウの大地図展」でした。
17世紀の東インド会社おかかえ地図作家ブラウが作った「大地図張」が発見され、日本初の全巻公開となっています。
大変、貴重で美しい装飾が施されたものでした。
フェルメールなどの芸術家にも影響を与えたのだそうです。

写真はレストランへ続く廊下です。
パネルにアジアの国の名言が書かれていて面白いです。

東洋5

レストランは、小岩井農園のお店で、「オリエントカフェ」といいます。
緑の庭園が見渡せて、とてもいいロケ-ションでした。

東洋6

夏の緑が美しい。
お料理は「とろふわオムライス」でした。
こんどは、写してきますね。

東洋7

あまり、知る人がいないかもしれないこの場所、とても貴重な書籍があります。
どうぞ、ご興味のある方は,行かれてくださいね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。