原田くみこ
  • Author:原田くみこ
  • (財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
    ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
    エディブルフラワーコーディネーター
    えこっくるハーブクラブ会員
    池坊 皆伝取得
    広山流師範免許取得
    パーティー&ブライダルコーディネーター
    アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
    生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
    各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
    フラワーサロン主宰。
    江東教室、成城教室。
    作品のオーダーはいつでも承ります。
  • RSS
原田くみこのフルール・ ア・ラ・モード
フラワー作品を中心にいろいろな写真も載せます。アートフラワーの 注文もどうぞ! 生協委員会フラワー講師・各種講演会・学校行事のディスプレイ等で活躍。 フラワーサロン主宰。江東教室、成城教室。
プロフィール

原田くみこ

Author:原田くみこ
(財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
エディブルフラワーコーディネーター
えこっくるハーブクラブ会員
池坊 皆伝取得
広山流師範免許取得
パーティー&ブライダルコーディネーター
アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
フラワーサロン主宰。
江東教室、成城教室。
作品のオーダーはいつでも承ります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Micro Ad


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ハーブの育て方・種まき
切り花1

ハーブスクール2回目は、栽培に関するものでした。

・地植えと鉢植え
  だいたいのハーブは、地表から深さ30~40cmの間に多数の根を出します。
  1か月、雨が降らなくても地下水のおかげで大丈夫です。

  容器で育てる場合は、ハーブの育ちに応じて鉢を大きくします。

・栽培に適した土
  水はけのよい土。
  保水性に富んだ土。
  通気性のある土。
  清潔な土。

多くのハーブは、酸性を嫌うので、石灰を混ぜ、中和させる。
団粒構造の土がよい。→土の粒の間に、空気や養分がある。

ここは、ステキなカリス成城です。

カリス1


  種の蒔き方

 種は、新しいものを選ぶ。
 土はやわらかく、新しく、清潔なものを。

 蒔き方は種の倍の深さにする。
 ふた葉が出るまでは、温度と湿度を保ち、直接、日光にあてない。
 水やりは、霧吹きなどで。
 ふた葉までは、自分の力で育つ。
 双葉が出て、しばらくしたら、日光にあてる。
 間引きして、1つだけ丈夫そうなのを選び、本葉が5,6枚になったら、植え替える。

  土は,赤だま土、腐葉土、バーミキュライト、パーライトなどを、石灰、肥料で調整する。

 カリス成城のハーブ園です。

カリス2

今回は、講義のあと、スイートバジル、ナスタチューム、チャイブを植えました。
ハーブの説明もしますね。

チャイブ→ネギの一種。
     魚・肉料理ともあい、花はサラダの飾りにする。

スイートバジル→クローブに似た、スパイシーな香り。
        パスタやビネガーなど、イタリアンにはかかせない。
        トマト料理にも合う。
        ハーブティーにして飲むと、元気が出て、明るい気分に。
        殺菌作用あり。

ナスタチューム→刺激性の香りとわさび様の辛味。
        葉と花をサラダに用いる。

カモミール→キク科  
      解熱作用 
      風邪や寒気、頭痛に効く。
      淡いクリーム色のティーになる。

今回は栽培とハーブの4種類について書いてみました。
なかなかハーブって奥が深いと感じています。

ハーブの植物を覚えるためにも、少しずつ、解説を書いていきたいと思いますね。(●^o^●)





  

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://1212kumimaro.blog116.fc2.com/tb.php/436-f2ec8617
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)