原田くみこ
  • Author:原田くみこ
  • (財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
    ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
    エディブルフラワーコーディネーター
    えこっくるハーブクラブ会員
    池坊 皆伝取得
    広山流師範免許取得
    パーティー&ブライダルコーディネーター
    アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
    生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
    各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
    フラワーサロン主宰。
    江東教室、成城教室。
    作品のオーダーはいつでも承ります。
  • RSS
原田くみこのフルール・ ア・ラ・モード
フラワー作品を中心にいろいろな写真も載せます。アートフラワーの 注文もどうぞ! 生協委員会フラワー講師・各種講演会・学校行事のディスプレイ等で活躍。 フラワーサロン主宰。江東教室、成城教室。
プロフィール

原田くみこ

Author:原田くみこ
(財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
エディブルフラワーコーディネーター
えこっくるハーブクラブ会員
池坊 皆伝取得
広山流師範免許取得
パーティー&ブライダルコーディネーター
アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
フラワーサロン主宰。
江東教室、成城教室。
作品のオーダーはいつでも承ります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Micro Ad


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ・スイス・パリの旅 Ⅱ
ノイシュバン縦

ドイツ旅行のハイライト、「ノイシュヴァンシュタイン城」でございます。

前日の夜は雨でしたので、どうなることかと思いましたが、朝からピーカンの晴れで最高でございました。
このお城は、バイエルン最後の国王 ルードヴィッヒ2世が1869年から17年の歳月をかけて建てた
夢のお城であります。

ディズニーランドのシンデレラ城もこのお城をモデルにしたといわれています。

フリード

こちらの方がルートヴィッヒ2世さんです。
とにかく、変わった人で、お城の中に洞窟を作ったり、好きなワーグナーを招聘し、多額の給料を与えたり、彼のための劇場を作り、国民の反感をかうなど、すこしおかしい人のようでした。

ホーエン昼

こちらは、そのルートヴィッヒ2世が育った、ホーエンシュバンガウ城です。

h-エン夜

夜のライトアップされた、ホーエンシュバンガウ城です。
この夜は、大雨でした。
でも、ちゃんと写真、撮れました。

ノイシュバン渓谷

ノイシュバンシュタイン城から見える、マリエン橋です。
ここから、見るお城は、あっと息をのむほど、すばらしいものでした。

自然の渓谷のなかのお城です。

ヴィース絵葉書

わすれてならないのは、このヴィース教会。
ヒュッセンにあります。

世界遺産で、18世紀に建てられましたが、ヨーロッパで最も美しいとされている、ロココ様式の教会です。
私には、ここまでいくと、悪趣味に思われましたが・・。

ここは、写真撮影禁止なので、この写真は絵葉書を写したものです。

ヴィース外観

外観は普通です。

ヴィースヤギ

教会のまわりは、こんなに牧歌的でした。

城壁外

もうひとつ、忘れてならないのは、ローテンブルクで泊まったホテルは城壁内だったことです。
これが、城壁です。

城壁1

城壁な中に、入ってみました。

市庁舎

ローテンブルグの ごりっぱな市庁舎です。

雪玉

ローテンブルグ名物の、シュネーバル。
雪玉という意味です。

前列のオーソドックスなのを わたしも食べました。
今は、いろいろなあじつけのがありますね!

長崎のよりよりをソフトにして、おだんごにした感じです。
長く持つので、帰ってからもおいしくたべましたよ。(^_-)-☆



スポンサーサイト

この記事に対するコメント
綺麗な風景が・・・
目白押しですねぇ~(*´∇`*)
ワクワクで拝見させていただきました♪
やはり様々なものが
違う気がします(^-^)

リアルでみたら
もっとグッと来るのでしょうね~☆

空の色も本当に青くて・・・
お天気にも恵まれたのですね=^-^=
次の更新も楽しみにしています(〃'∇'〃)/

【2011/06/04 01:03】 URL | MILK #- [ 編集]

MILKさん
本当に何もかも違う、
ヨーロッパと日本。

でも、いろんな意味で日本はすばらしい。
気遣い、科学技術、努力し発展させようという精神。

そんな日本の良さを再発見できた旅でした。
【2011/06/04 09:30】 URL | kumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://1212kumimaro.blog116.fc2.com/tb.php/442-57b6c854
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。