原田くみこ
  • Author:原田くみこ
  • (財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
    ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
    エディブルフラワーコーディネーター
    えこっくるハーブクラブ会員
    池坊 皆伝取得
    広山流師範免許取得
    パーティー&ブライダルコーディネーター
    アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
    生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
    各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
    フラワーサロン主宰。
    江東教室、成城教室。
    作品のオーダーはいつでも承ります。
  • RSS
原田くみこのフルール・ ア・ラ・モード
フラワー作品を中心にいろいろな写真も載せます。アートフラワーの 注文もどうぞ! 生協委員会フラワー講師・各種講演会・学校行事のディスプレイ等で活躍。 フラワーサロン主宰。江東教室、成城教室。
プロフィール

原田くみこ

Author:原田くみこ
(財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
エディブルフラワーコーディネーター
えこっくるハーブクラブ会員
池坊 皆伝取得
広山流師範免許取得
パーティー&ブライダルコーディネーター
アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
フラワーサロン主宰。
江東教室、成城教室。
作品のオーダーはいつでも承ります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Micro Ad


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポマンダー
ポマンダー3

中世におけるヨーロッパでは疫病が蔓延し、人々を苦しめて」いました。
病魔から身を守るためには空気を清浄にすることが必要だと考えられていました。
人々は、器に詰めた香りを、「魔よけのお守り」として首からかけたり、腰にぶらさげたりしていました。

当時のポマンダーは金や銀、象牙などで作った容器に小さなあなをあけ、練香を入れ、香りが漂うようにしていました。

ムスク、乳香、アンバーグリスなどの香りです。

現在は、オレンジ、ライム、姫リンゴなどにクローブを挿して作るフルーツポマンダーが主流です。
お守りと言うより、香りのよい装飾品といった感じです。

ポマンダー1

材料は、オレンジ、姫リンゴ、レモンです。
それにクローブを数ミリおきに挿していきます。

最後につけるスパイスパウダーは、シナモンパウダー、オリスルート、カルダモンというミックスでした。

ポマンダー2

オレンジには、十字にセロテープを貼りセロテープ以外のところにクローブを挿し、パウダーをつけます。
10日ほど乾かしたあと、リボンを結びます。

これで、完成。
玄関先に置いていますが、いい香りが漂ってますよ!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします

これ・・・
ポマンダーっていうんですね?
見た事はあったのですが
名前までは知りませんでした(^-^;)

そして中世には「魔よけのお守り」だったとは・・・
とっても香りがいいですよね☆
【2012/01/01 14:40】 URL | MILK #- [ 編集]

MILKさん
新年おめでとうございます。
今年もMILKさんにとって いい年でありますように。

ポマンダーという名は、フランス語でPommeはりんご、amberは、アンバーグリスで琥珀色のものだそうです。
なんでも、マッコウクジラの体内にある結石だとか。

琥珀色のリンゴという意味だそうですよ。
【2012/01/01 22:15】 URL | 原田くみこ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://1212kumimaro.blog116.fc2.com/tb.php/480-bf4af41e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。