原田くみこ
  • Author:原田くみこ
  • (財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
    ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
    エディブルフラワーコーディネーター
    えこっくるハーブクラブ会員
    池坊 皆伝取得
    広山流師範免許取得
    パーティー&ブライダルコーディネーター
    アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
    生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
    各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
    フラワーサロン主宰。
    江東教室、成城教室。
    作品のオーダーはいつでも承ります。
  • RSS
原田くみこのフルール・ ア・ラ・モード
フラワー作品を中心にいろいろな写真も載せます。アートフラワーの 注文もどうぞ! 生協委員会フラワー講師・各種講演会・学校行事のディスプレイ等で活躍。 フラワーサロン主宰。江東教室、成城教室。
プロフィール

原田くみこ

Author:原田くみこ
(財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
エディブルフラワーコーディネーター
えこっくるハーブクラブ会員
池坊 皆伝取得
広山流師範免許取得
パーティー&ブライダルコーディネーター
アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
フラワーサロン主宰。
江東教室、成城教室。
作品のオーダーはいつでも承ります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Micro Ad


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ハーブインストラクター中級合格しました。
中級

ハーブインストラクター中級コースで去年1年勉強していました。
今年は、上級コースに通っています。

4月から5月にかけて、レポートと課題に取り組んでいました。

このたび、合格通知がきました。
うれしいです。
上級コースもがんばりま~す。(*^^)v

↓は私が取り組んだレポートと課題です。


  エジプト文明とコリアンダーとの関連
プリニー(古代ローマの学者)は「最も良い品質のコリアンダーはエジプト産である。」と書いているが、古代エジプトでは、すでに調理にも医療にもコリアンダーを用いていた。
エジプトでは、BC3000年の頃から墓にコリアンダーとともに、亡骸を葬る習慣があるが、これは亡き人への冥土の旅へのお守りの意味があった。
さらに紀元前2800年頃の古代エジプトでは、パピルスにこの薬草の使い方が記されている。
この話からも、いかにコリアンダーがエジプト文明の頃の人々にとって大切な、信頼に足る植物であったかがわかる。
また、古代ギリシャ、ローマでも、最もよく使われた薬草のひとつで、医学の父であるヒポクラテスも その薬効を推奨している。
エジプトでは、生のコリアンダーはスープに入れて食べることが多かったようだ。
このハーブティーやスープは、強壮効果にも優れているので、病人の病み上がりに飲ませていたということだ。
中国でも、香菜と呼ばれ、この種子を食べると不老不死を招くという伝説がある。
ユダヤ人が、祖先のエジプト脱出を記念する春の祭りに通越祭というのがある。
春分直後の満月に当たるユダヤ暦1月14日の晩に、こひつじを食べるというものだ。
その際に、合わせて食べられるハーブの一つでもある。
そして「水とともに食材を煮込む」という調理法が土器の普及によって生まれ、この調理法によって素材から出ただし汁を食べるようになり、これが、スープの起源とされている。
エジプト文明の時代、家畜や鳥獣の肉、その時期にとれた野菜、そして、そのころには作られていたパンといっしょに炊いた ごった煮のようなスープが食されていた。その際、使われていた植物として、コリアンダーはひんぱんにでてくる。
パンは、窯でまとめて作り、日が経つと固くなるので、スープに浸し、柔らかくして食べていくという必要性があった。
そこで私は、このスープという最も原始的でありながら、素材のうまみ、栄養素を損なうことなく食することができるこの魅力的なものを、エジプト文明のそれを探りながら作ってみることにした。


作品名  美肌とスタミナの古代エジプトスープ(3人分)
材料
モロヘイヤ          1束
コリアンダー         1束
鶏もも肉           300g
にんにく           3片(みじん切り)
チキンまたはビーフスープ   750cc
バター            大さじ1
作り方と写真
モロヘイヤのスープはエジプトでも最も古くから食べられていた料理の一つに数えられ、ファラオの墓の壁面にも描かれている。また、太古の昔からエジプトの農民の食卓に欠かせない中心的な料理だった。 なかでも、コリアンダーは当時から大変有効なハーブだったので、生の1束をたっぷり使い、メインディッシュとなるよう鶏もも肉を入れ、オリジナル版を考えてみた。

1、 モロヘイヤをみじん切りにする。
2、 鶏もも肉を一口大に切り、塩こしょうする。
  表面に軽く焦げ目がつくまでいためる。
3、 750ccのチキンまたはビーフのスープを火にかける。
4、 2の鶏もも肉を入れる。
5、 火を弱め、かき混ぜながら、モロヘイヤを少しずつ加えていく。
6、 大さじ一杯のバターで、にんにくを香りがたつまで炒める。
7、 コリアンダーを5,6cmに切る。
8、 炒めたにんにくとコリアンダーをモロヘイヤスープに加え、かきまぜる。

〈効能〉コリアンダー:健胃剤、駆風剤、解毒剤、消化薬となる。
ビタミンCやカルシウム、鉄などを含んでおり美肌づくりにぴったり。
モロヘイヤ:食物繊維は野菜のNO.1。カロテンはホウレンソウの2倍、鉄分は10倍、カルシウムは7倍。
にんにく:エジプトのピラミッド建設に携わる労働者の疲労回復のために使われた。





スポンサーサイト

この記事に対するコメント
祝!
中級合格、おめでとうございますi-260
さすが中級になるとレポートの難易度もグッと上がりますね。
ハーブまつわる世界の歴史、本当に色々とありますね。

家にあるコリアンダーシードはモロッコ産でした^^
香菜、私はどうしても香りがNGなんですが、とても身体に良さそうですね!
【2013/09/06 00:06】 URL | maru #- [ 編集]

maruちゃん
ありがとう。
この調子で、難易度あがり、上級試験を受けるのが怖くもあります。(--〆)
でも、ハーブを学び、健康にいい植物や食品の関心が高まって、ほんとに良かったです。

香菜はタイ料理に入ってるのは香りがきつく私もNGですが、スーパーで買った今回のコリアンダーはそれほどでもなかったですよ。
【2013/09/06 06:54】 URL | kumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://1212kumimaro.blog116.fc2.com/tb.php/593-c54a32c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)