原田くみこ
  • Author:原田くみこ
  • (財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
    ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
    エディブルフラワーコーディネーター
    えこっくるハーブクラブ会員
    池坊 皆伝取得
    広山流師範免許取得
    パーティー&ブライダルコーディネーター
    アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
    生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
    各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
    フラワーサロン主宰。
    江東教室、成城教室。
    作品のオーダーはいつでも承ります。
  • RSS
原田くみこのフルール・ ア・ラ・モード
フラワー作品を中心にいろいろな写真も載せます。アートフラワーの 注文もどうぞ! 生協委員会フラワー講師・各種講演会・学校行事のディスプレイ等で活躍。 フラワーサロン主宰。江東教室、成城教室。
プロフィール

原田くみこ

Author:原田くみこ
(財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
エディブルフラワーコーディネーター
えこっくるハーブクラブ会員
池坊 皆伝取得
広山流師範免許取得
パーティー&ブライダルコーディネーター
アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
フラワーサロン主宰。
江東教室、成城教室。
作品のオーダーはいつでも承ります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Micro Ad


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


竹之御所流「精進料理」
sannkouinn

本日は、竹之御所流「三光院」へ精進料理を食べに行ってきました。

この精進料理は、中国のお坊さんから伝来した「普茶料理」とは違い、器に陶器を用います。
普茶料理は赤い漆の器ですね。

日本のお坊さんが始めましたので、伝来の茶の湯、懐石料理の源となるものです。


650年の歴史を持ち、尼さんたちが作り続けた、日本料理の源流ともいえるものです。

武蔵小金井にある「三光院」の裏で料理がいただけます。

三光院裏

食べる場所は質素に このような場所です。

著書

西井 郁先生のご著書です。

最中

まずはじめに、甘い最中を いただきました。
大徳寺納豆のあんだそうです。

抹茶

とても、おいしいお抹茶でした。

に占め



1度にくるお料理ではなく、1品づつくる精進料理でした。

はじめは、最中がきて、お抹茶でした。
次にお煮しめ。
大和イモを丁寧にすって、真ん中にわさび、それをノリ巻きにしたもの、
大豆から作った高野豆腐、ごぼうのごまあえ、かぼちゃと続きました。

冷酒

お酒は、京都の冷酒、飲みやすかったです。


ごま豆腐



続いて、葛入りのごま豆腐、胡麻と水、葛だけから作ったごま豆腐は、精進料理の代表格だとか。


やまいも

さといものあんかけは、すごく大きな里いも、しょうがのあんかけが きいていました。

なす

なすの白みそつき素揚げは、お茶の花とともに出されました。
寺では、茄子のおでん と女房言葉でいうそうです。
ナスは、瑠璃色であり、切った姿が琵琶に似ているため、平家物語に出てくる、2つの名器のひとつ、「こがらし」と三光院では言っているそうです。

吸い物

こぶ茶は、ひとくち吸い物、星型のなすのへたを用い、すべて生かしきるという発想です。

粟ふ



粟の生麩は山椒味噌あえ。
大豆タンパク質によるタンパク質摂取です。

ご飯



最後は、だいずが入ったご飯です。

お料理を担当しているのは、西井郁先生で、16歳の時から30年間フランスで料理修業をされた方です。
その後、精進料理うつり、20年間この道だそうです。

本格的な精進料理を食べたのは、初めてのような気がします。
かかったじかんは2時間ほど。

ゆっくりといただいたせいか、おなかは いっぱいになりました。
おいしく、いただけました。(^O^)


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

こんばんは^^
都内でも精進料理をいただけるお店があるんですね~
一つ一つ丁寧に作られた一品ですね。
とっても身体が喜びそうだなと思いました。
【2013/11/07 18:14】 URL | maru #- [ 編集]

maruちゃん
ほんとにひとつひとつ丁寧に作られた料理という感じでした。

予約制ですが、まるちゃんも行かれてはいかがでしょう。
おすすめですよ。(^O^)
【2013/11/07 22:44】 URL | kumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://1212kumimaro.blog116.fc2.com/tb.php/605-9ac7aed4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)