原田くみこ
  • Author:原田くみこ
  • (財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
    ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
    エディブルフラワーコーディネーター
    えこっくるハーブクラブ会員
    池坊 皆伝取得
    広山流師範免許取得
    パーティー&ブライダルコーディネーター
    アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
    生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
    各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
    フラワーサロン主宰。
    江東教室、成城教室。
    作品のオーダーはいつでも承ります。
  • RSS
原田くみこのフルール・ ア・ラ・モード
フラワー作品を中心にいろいろな写真も載せます。アートフラワーの 注文もどうぞ! 生協委員会フラワー講師・各種講演会・学校行事のディスプレイ等で活躍。 フラワーサロン主宰。江東教室、成城教室。
プロフィール

原田くみこ

Author:原田くみこ
(財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
エディブルフラワーコーディネーター
えこっくるハーブクラブ会員
池坊 皆伝取得
広山流師範免許取得
パーティー&ブライダルコーディネーター
アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
フラワーサロン主宰。
江東教室、成城教室。
作品のオーダーはいつでも承ります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Micro Ad


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


修善寺の旅
修善寺1

「アンケートに答えて旅行に行こう!」に応募したものが当たり、修善寺への旅へと行ってまいりました。
天気も良く、ラッキー!

まずは、宝石店見学と販売に90分という物がありましたが、まあ、無料だから仕方ない!?

写真は、伊豆のパノラマ、すごく長いロープウェイでした。

修善寺2

かつらぎ山の山頂から、富士山から見えました。

修善寺3

ロープウェイの不音で、バイキングのお昼でした。
ここのバイキングは充実していてとてもおいしかったです。
ケーキも自家製でした。
あ~、おなかいっぱい。

修善寺4

葛城山山頂近辺にお地蔵さんがこんなにたくさん。

修善寺5

いよいよ、修善寺です。
古式ゆかしきお寺でした。

空海が802年につくりました。
鎌倉時代に源氏一族の興亡の舞台となる。

修善寺7

ほぼ、となりの日枝神社です。
昔は、修善寺の鎮守さまでした。

修善寺8

夫婦杉の大木がありました。

修善寺9

これは、指月殿。
伊豆最古の木造建築です。
北条政子が息子頼家の冥福を祈って建てました。

小さな頼家のお墓もありました。

修善寺10

竹林の小路を行きました。
とてもすがすがしくていい気持。

桂川にそって、遊歩道があります。

修善寺11

やや黄葉の竹が青空に映えます。

修善寺12

寝っ転がって竹林に癒されます。

修善寺13

こんな竹の円上の広場で休みます。

修善寺14

風流な鐘。

修善寺15


桂川にかかる楓橋。
紅葉のころは、すばらしい美しさでしょう。




スポンサーサイト

この記事に対するコメント
修善寺、青空でよかったですね
くみこさんこんにちは。
私の旅と違ってすっごい秋晴れでしたね。

構図のとり方、さすがです。
私も竹林広場のお休み処で撮った写真があります!
修善寺はいいところですよね。

【2014/10/08 19:17】 URL | 休耕田のおばちゃん #- [ 編集]


こんばんは^^
kumiさん、くじ運?もありますね!
歴史のある街並みと自然、家の主人がめちゃ好きそうなコースです^^
紅葉の時期は混雑でしょうねぇ…
秋は過ごしやすいので歩くのも気持ちよさそうだなぁ~i-91
【2014/10/08 20:51】 URL | maru #- [ 編集]

休耕田のおばちゃま
ありがとうございます。
修善寺には 初めて行きました。
風流なよいところですね。

夏目漱石が病気療養に滞在していたようです。
【2014/10/09 15:41】 URL | kumi #- [ 編集]

maruちゃん
日帰りバス旅行に当たったのは2度目です。
今回も、思い切って行ってきました。
伊豆は、近いのでたまに訪れるといいものだと実感しました。
【2014/10/09 15:44】 URL | kumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://1212kumimaro.blog116.fc2.com/tb.php/657-bcc39007
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)