原田くみこ
  • Author:原田くみこ
  • (財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
    ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
    エディブルフラワーコーディネーター
    えこっくるハーブクラブ会員
    池坊 皆伝取得
    広山流師範免許取得
    パーティー&ブライダルコーディネーター
    アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
    生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
    各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
    フラワーサロン主宰。
    江東教室、成城教室。
    作品のオーダーはいつでも承ります。
  • RSS
原田くみこのフルール・ ア・ラ・モード
フラワー作品を中心にいろいろな写真も載せます。アートフラワーの 注文もどうぞ! 生協委員会フラワー講師・各種講演会・学校行事のディスプレイ等で活躍。 フラワーサロン主宰。江東教室、成城教室。
プロフィール

原田くみこ

Author:原田くみこ
(財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
エディブルフラワーコーディネーター
えこっくるハーブクラブ会員
池坊 皆伝取得
広山流師範免許取得
パーティー&ブライダルコーディネーター
アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
フラワーサロン主宰。
江東教室、成城教室。
作品のオーダーはいつでも承ります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Micro Ad


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


新年の俳句・冬の俳句
修善寺

俳句をはじめて、日本語の詩情豊かさと奥深さに気がつきました。
私の最近の作句を挙げてみます。


父と居てあといくつ聞く除夜の鐘

 芭蕉忌や深川の雨音も無し

 おじや食ぶ母の香りを連れてくる

青空に千両の実の五つ六つ

  冬の朝ブラックコーヒー熱く淹れ

  冴ゆるなり星の裏まで透けるほど

日盛りを猫が音なく通りけり

雪月夜昔恋した人と会ひ

白鳥は天から白き贈り物

山眠り滝一筋でささやきぬ

静かさを少し打ち消すほだ明り

散り紅葉拾って父へみやげとし

冬紅葉一人家路へ帰る道

賑はいておかめかっこめ酉の市

ラガーらの汗ほとばしり緑映ゆ

ラガーらの美しき時ノーサイド

凍て鶴の冷たきものに立つ如く

帰り花忘れものよと顔見せて

ただ生きてそれが価値あり青木の実

初雪や天より白き贈り物

青インクくっきりとして冬の朝

初暦少し重たく掛けらるる

明るき日すずなすずしろせりなずな

七草の香りほのかに春来たる

初茜地球の始めここにあり

若水や透明にさらに透明に

やはらかき日を受け若葉輝けり

松の内赤き着物を選びをり

去年今年変わって見へしこの世の景

七草を食べて心も洗浄す

おでん煮ゆ離れて住む子ふと思ひ

息切れて登る山道冬すみれ

すき焼きや母の機嫌の良きし時

冬ぬくし日の射す塀の上の猫

冬夕焼むらさきの空魔女行きて

猫の入るふとんほのかに暖かし

ほっこりと猫の座りて冬ぬくし

凍星や願ひを込めて仰ぎ見る

冬の海にこりともせずただありぬ

晩秋やピカソの青の濃ゆきこと


このうち、

日盛りを猫が音なく通りけり (12,1月号)

晩秋やピカソの青の濃ゆきこと(2,3月号)

は、毎日新聞社「俳句α」に予選通過句として掲載されました。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://1212kumimaro.blog116.fc2.com/tb.php/673-6df4e42a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)