原田くみこ
  • Author:原田くみこ
  • (財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
    ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
    エディブルフラワーコーディネーター
    えこっくるハーブクラブ会員
    池坊 皆伝取得
    広山流師範免許取得
    パーティー&ブライダルコーディネーター
    アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
    生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
    各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
    フラワーサロン主宰。
    江東教室、成城教室。
    作品のオーダーはいつでも承ります。
  • RSS
原田くみこのフルール・ ア・ラ・モード
フラワー作品を中心にいろいろな写真も載せます。アートフラワーの 注文もどうぞ! 生協委員会フラワー講師・各種講演会・学校行事のディスプレイ等で活躍。 フラワーサロン主宰。江東教室、成城教室。
プロフィール

原田くみこ

Author:原田くみこ
(財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
エディブルフラワーコーディネーター
えこっくるハーブクラブ会員
池坊 皆伝取得
広山流師範免許取得
パーティー&ブライダルコーディネーター
アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
フラワーサロン主宰。
江東教室、成城教室。
作品のオーダーはいつでも承ります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Micro Ad


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


千鳥が淵の桜染め
染4

ハーブの講習会で、桜の枝から染ものをするという経験をいたしました。
それも、千鳥が淵の桜の枝です。

写真は、その枝を煮出して、染織液を作る 初めの段階です。

染1

色みが出た液を、このように漉します。

染2

この煮出された液に、30分ほど、染織したい布を空気に触れないよう かき混ぜながら染織します。

染3

それから、媒染液に30分ほどつけ、もう1度、染める液で煮ます。
そして、しばらく放冷します。

写真は、きれいに染まった 媒染のようすです。

私は、ハンカチとアームカバーを染織しました。
桜色の、ハンカチとアームカバー、うれしいです。

実物は、次回に公開しますね。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
あらぁ~素敵!
kumiさん

千鳥ヶ淵の桜と言うのがいいわね、なんとも都会的でお洒落だわ^^
枝を煮出すとこんな赤い色になるのね
ハンカチとアームカバー、早く見せてね~~
【2015/02/02 12:49】 URL | ゆめ #JnoDGgPo [ 編集]

こんにちは。
もうすぐ、立春というのに 寒い日が続きますね。
そちらの バラたちは、いかがですか?

今回の写真は、スマホで撮ったものを初めてアップしました。
意外と画像がきれいで びっくりしました。

染めたもの、アップしますね~。
【2015/02/02 17:26】 URL | kumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://1212kumimaro.blog116.fc2.com/tb.php/676-3d3fa9c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)