原田くみこ
  • Author:原田くみこ
  • (財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
    ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
    エディブルフラワーコーディネーター
    えこっくるハーブクラブ会員
    池坊 皆伝取得
    広山流師範免許取得
    パーティー&ブライダルコーディネーター
    アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
    生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
    各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
    フラワーサロン主宰。
    江東教室、成城教室。
    作品のオーダーはいつでも承ります。
  • RSS
原田くみこのフルール・ ア・ラ・モード
フラワー作品を中心にいろいろな写真も載せます。アートフラワーの 注文もどうぞ! 生協委員会フラワー講師・各種講演会・学校行事のディスプレイ等で活躍。 フラワーサロン主宰。江東教室、成城教室。
プロフィール

原田くみこ

Author:原田くみこ
(財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
エディブルフラワーコーディネーター
えこっくるハーブクラブ会員
池坊 皆伝取得
広山流師範免許取得
パーティー&ブライダルコーディネーター
アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
フラワーサロン主宰。
江東教室、成城教室。
作品のオーダーはいつでも承ります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Micro Ad


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


北インドへの旅 ベナレス・サルナート編
インド1

最近、ヨーロッパやアメリカ西部の旅行が続きましたので、今度はグッと趣向を変えてインドへ行ってまいりました。

ここは、デリーの空港です。
わりと欧米の若者が多かったです。
日本の空港と違い、効率性はナシ です。

インド2

デリー泊まったホテルの守衛さんです。
空港で人生で初めてターバン姿を見た時は、ショックで驚きました。

インド3

翌朝、デリーからベナレスへ飛行機で向かいました。
それから、バスで30分、サルナートへと行きます。

写真は、ダメーク・ストゥーパという仏教の塔です。
仏教信者たちが、教えを受け、祈りをささげています。

インド4

ストゥーパの周りを祈りながら回る信者たち。

インド5

ここは、ムルガンドゥ・クティ寺院といって、1931年に建てられたスリランカの寺院です。
本堂の壁は、日本人画家 野生司香雪が描いたフレスコ画ですが、修復中でした。

インド6

これが、インドの街中です。
牛が、ゆうゆうと中央分離帯にいるのがすごい!

インド7

牛は、聖なる生き物なので、大事にされます。
野良牛もいるのですが、痩せてないよ。

インド8

いよいよ暗くなってきたら、ガンジス川に行きました。
祈りの儀式、アルティを見学するためです。

インド9

すごい雑踏と喧騒の中、祈りの儀式は、毎日行われます。

インド10

こちらは、翌朝のガンジス川での、沐浴風景。
日本人がすると、おなかを壊すとか。

インド11

インドは、たくさんの宗教信者がいるので、いろんな格好の人がいます。

インド12

こちらは、ゾロアスター教かしら?
火を使うからね。

インド13

街の様子は 牛も車も人もいっしょ。

インド14

一列に並んで、お利口な牛さんです。





スポンサーサイト

この記事に対するコメント

インドに行かれたんですね~!
ガンジス川、すごく人がたくさん写ってますが、祈りをする地元の人なのかしら?
異国情緒あふれる、お写真みていても楽しいですi-179
治安はどうなんだろう?
やっぱりカレーが多いですか?
【2015/03/23 23:54】 URL | maru #- [ 編集]

maruちゃん
聖なるガンジス川で沐浴をするのは、インド人の憧れです。
特に夕暮れの時間は、1日の無事を感謝し、祈りの儀式が毎日行われます。

治安は、そんなに悪い人はいない気がするのですが、カースト制度があるので物乞いはたくさんいます。
でも、それが自然な感じでみんな受け入れている感じです。
食べ物は、カレー中心で味付けもカレー風味でした。
ちょっと、胃が疲れました。
【2015/03/24 09:59】 URL | kumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://1212kumimaro.blog116.fc2.com/tb.php/685-89000e15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)