原田くみこ
  • Author:原田くみこ
  • (財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
    ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
    エディブルフラワーコーディネーター
    えこっくるハーブクラブ会員
    池坊 皆伝取得
    広山流師範免許取得
    パーティー&ブライダルコーディネーター
    アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
    生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
    各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
    フラワーサロン主宰。
    江東教室、成城教室。
    作品のオーダーはいつでも承ります。
  • RSS
原田くみこのフルール・ ア・ラ・モード
フラワー作品を中心にいろいろな写真も載せます。アートフラワーの 注文もどうぞ! 生協委員会フラワー講師・各種講演会・学校行事のディスプレイ等で活躍。 フラワーサロン主宰。江東教室、成城教室。
プロフィール

原田くみこ

Author:原田くみこ
(財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
エディブルフラワーコーディネーター
えこっくるハーブクラブ会員
池坊 皆伝取得
広山流師範免許取得
パーティー&ブライダルコーディネーター
アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
フラワーサロン主宰。
江東教室、成城教室。
作品のオーダーはいつでも承ります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Micro Ad


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドへの旅  オルチャ城址
オルチャ1

カジュラホからジャンシーの駅に向かう途中、オルチャ城址に立ち寄りました。
色鮮やかな若い女の子たちの衣裳が、心をウキウキさせます。

オルチャ2

チケット売り場のそばに、餌がもらえると思ったのか、こんなお猿がやってきました。

オルチャ3

オルチャという場所は、ジャンシーとカジュラホの途中にある静かな村です。
16世紀から18世紀まで、ヒンズー教のバンデラ王国がありました。

ここからは、バンデラ王国のジャハンギール・マハルという城址です。

オルチャ4

その素朴な田舎にある遺跡は、ほぼ通常ツアーでは訪れることがない所です。

オルチャ5

オルチャの建物は、ヒンズー教と、イスラム教の両方の影響を受けています。
繊細な透かし彫りや、ひなびた情趣が 心に深く余韻を残す場所でした。

オルチャ6

何とも言えない静かで たおやかなムードを 醸し出していました。

オルチャ7

まるで、マハラジャのおとぎの世界へ紛れ込んだようでした。
イスラム的なドームです。
掃除と保存が大変ですね。

オルチャ8

マハラジャの瀟洒な暮らしを彷彿とさせる色あせた壁画が、なつかしく心に残ります。
タイムスリップしたかのようでした。

オルチャ9

ここ、オルチャヘリテッジは、ムガール帝国のジャハーンギール帝を迎えるために建造されました。

オルチャ10

街を歩くと、アヘンに倒れた人が。
ウソピョーン。
売り子さんが休んでいるのでした。グーグー。

オルチャ11

街には、イケメンリキシャー運転手もいました。

オルチャ12

ここからは、ジャンシー駅です。
急行列車2等車で、アグラに向かいます。

駅で見かけた こじきの親子
悲壮感はありません。
当たり前に生きている感じでした。

オルチャ13

駅は、色々な人々でごったがえし、見あきることがありません。
列車は遅れ、2時間待ちでした。
6時間から8時間待ちは、ザラとのことです。

オルチャ14

荷物持ちのポーターさんは、一挙に6から7つ荷物を運びます。
頭と腕に2×3です。
日本じゃ考えられないね。








スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://1212kumimaro.blog116.fc2.com/tb.php/687-27e924c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。