原田くみこ
  • Author:原田くみこ
  • (財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
    ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
    エディブルフラワーコーディネーター
    えこっくるハーブクラブ会員
    池坊 皆伝取得
    広山流師範免許取得
    パーティー&ブライダルコーディネーター
    アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
    生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
    各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
    フラワーサロン主宰。
    江東教室、成城教室。
    作品のオーダーはいつでも承ります。
  • RSS
原田くみこのフルール・ ア・ラ・モード
フラワー作品を中心にいろいろな写真も載せます。アートフラワーの 注文もどうぞ! 生協委員会フラワー講師・各種講演会・学校行事のディスプレイ等で活躍。 フラワーサロン主宰。江東教室、成城教室。
プロフィール

原田くみこ

Author:原田くみこ
(財)日本切花協会 カットフラワーアドバイザー
ヨーロピアンフラワーデザイン連盟 1級登録講師
エディブルフラワーコーディネーター
えこっくるハーブクラブ会員
池坊 皆伝取得
広山流師範免許取得
パーティー&ブライダルコーディネーター
アートフラワー、フレッシュフラワー、プリザーブトフラワーを学ぶ。
生協委員会フラワー・ハーブ登録講師。
各種講演会、学校行事でのフラワーディスプレイで活躍。
フラワーサロン主宰。
江東教室、成城教室。
作品のオーダーはいつでも承ります。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Micro Ad


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北インドへの旅  デリー、クトゥブミナール、フユマーン廟 NO.5
デリー5

これは、デリーにあるインド門です。
第1次世界大戦の戦死者を弔うために1929年に建てられました。
パリの凱旋門をもとに建てられたそうです。
8万5千人ほどのインド人兵士を祀ってあります。

車窓からの見学でした。

デリー2

世界遺産 クトゥブ・ミナール。
全長72.5mのインドで最も高いミナレットです。

インドやエジプトでは、面白いことに、おカネが貯まったら建造物を上に増築していこうという考えで、いたるところで、継ぎ足しの鉄の棒が ニョキニョキと見られます。

ここも、3人のスルタン達が順番に高くしていきました。

デリー3

さまになっている若いふたり。

デリー1

刻まれた文字や模様が宗教的、歴史的背景を感じさせます。

デリー4

奴隷王朝時代に建てられたもので、1026年の創設。
イスラム教がヒンズー教に勝った記念として建てられたので、イスラムとヒンズーの融合建築となっている。

デリー6

観光のラストを飾るのは、世界遺産フマユーン廟です。
ここは、タージ・マハールの原型となりました。
赤砂岩と大理石で出来ていますが、きれいにシンメトリーなのがタージとそっくりですね。

こちらは、タージと反対で、ムガール帝国第2皇帝のフユマーンの妃が 王のために9年の歳月をかけて建築しました。
1565年の完成です。


デリー7

インド人は写真が大好き。
カメラを向けると、一族が
「一緒に撮りましょう。」
と、寄ってきました。

とてもフレンドリーなみなさんです

デリー8

こんなかわいい女の子もいました。

デリー9

街には、車掃除の男の子がいました。
タオルを仕入れられるだけ、恵まれているのでしょう。

さて、この旅を終わってみると、インドをまた、訪れたくなりました。
人間が自然に生きている。
自然の怖れも 動物も、貧しさも豊かさも すべて受け入れて。

そして、悠久の歴史がもたらす深みが 限りない魅力となって私たちに迫ってくる旅でした。








スポンサーサイト

この記事に対するコメント
美しい写真ですね
たくさんアップされていて、見ごたえありました!
初めてみる世界遺産のお城も綺麗ですが、現地の方々のお写真が印象的です。
自然な表情をたくさん撮っていて、凄いですね~
kumiさんのワンショットも、おちゃめで可愛かったですi-189
【2015/03/30 15:00】 URL | maru #- [ 編集]

ありがとう。
今回の旅は、人物に撮りがいがあり、面白く、カラフルなサリーなど魅力的な被写体ばかりでした。
深い魅力を秘めた、不思議な国でした。

【2015/03/30 19:39】 URL | kumi #- [ 編集]

お久しぶりです!
ご無沙汰しています~MILKです!
インドに行かれたのですね~(*゚Д゚*)
とても見応えのある見聞録でした。

インドに行けば世界感が変わる
いい意味においても、また逆もしかり…
日本の素晴らしさにも気づかされる

…って聞いたことがあります。
見聞を広める旅、憧れます!

タージマハールの設計士が
これ以上、美しい物作らないようにと、右腕を切断された…というお話が
とてもショックでした…
【2015/04/05 14:24】 URL | MILK #- [ 編集]

MILKさん
お久しぶりです。
お仕事、忙しかったですか?

インドは、友人に誘われての旅でしたが、行って良かったと思います。
日本は、恵まれている。
日常的には、感じないことが、ここへ行くとよくわかります。
感謝しないといけませんね。
【2015/04/05 17:42】 URL | kumi #- [ 編集]

お元気ですか?
kumiさん

ご無沙汰していました
それにしても私がバタバタしている間に「北インド」に?
拝見しましたよ
本当に、相変わらずフットワークがいい事~
なかなか行けないところだと思います

この旅行が終ってまた世界観が変わったのでは?
とにかくいい経験をされて裏山です

【2015/04/14 16:05】 URL | ゆめ #JnoDGgPo [ 編集]

ゆめさん
こんにちは。
お元気でしたか?

インドの旅では、日本のいいところ、不必要なところ、他国に行ってみると、裏側からわかることがあります。
旅行に行けたことを感謝します。
(*^。^*)
【2015/04/14 16:19】 URL | kumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://1212kumimaro.blog116.fc2.com/tb.php/689-3f1e87ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。